産後、腰痛で育児に支障が出ている方へ【霧島市 産後骨盤矯正 霧島市】

霧島市 産後骨盤矯正

鹿児島県霧島市にオープンした「はやと骨盤整体」の健康情報サイトです。産後骨盤矯正、腰痛、ヘルニア、坐骨神経痛、交通事故治療に特化した整体院です。病院や整形外科、整骨院で改善しなかった腰痛、ヘルニア、これから産後骨盤矯正を受ける予定の方へ情報発信しております。

産後4ヶ月、育児中の腰の痛みと骨盤の開き

当院にきていただいているお客様です。
◯30代 女性
◯立ち仕事
◯4ヶ月前に3人目のお子様を出産

悩みは、育児中の腰の痛み、骨盤の開き、1人目・2人目は体重がすぐ落ちたが、今回は落ちず、体型も戻らない。

また、O脚が気になる など身体全身に影響が出ています。

症状、悩みの原因

霧島市 椎間板ヘルニア

今回のお客様は、産後特有の症状や悩みが出ています。

出産により骨盤が開き、靭帯が緩むことにより腰回りの筋肉に負担がかかり緊張してしまい痛みが出てしまっています。
また、骨盤が開いている、お子様を抱っこすることにより、股関節が外に開いてしまい、O脚になってしまいます。

改善するためには、

①骨盤ベルトして、自宅で締めること

これが1番大切です。出産前期も靭帯を緩め、骨盤を開かせる女性ホルモンが分泌しています。
これ以上開かないように、骨盤ベルトを着用することは、産後ケアで1番重要です!

②開いた骨盤を閉じる、産後骨盤矯正の施術

骨盤を元の状態にするために産後骨盤矯正を行います。歪みなどを矯正するのではなく、緩みを矯正します。
産後骨盤矯正を行うことにより、緩み改善以外にも、骨盤周囲の血流改善にも繋がります。

③緊張した筋肉の緩和

靭帯が緩んでしまっているため、筋肉が必要以上に緊張してしまいます。そのため、負担がかかり過ぎ痛みやコリを起こり育児に支障が出てしまいます。
当院は、筋肉以外にも筋膜にアプローチを行い血流改善へもアプローチをしています。

体型が戻らない、体重が落ちない原因とは、、、

霧島市 産後骨盤矯正

多くの産後のママたちの最大の悩みです。

その原因は、何でしょうか?

食事?骨盤の開き?

インナーマッスルの低下です!

インナーマッスルと言う言葉を皆さんも一度は耳にしたことあると思います。インナーマッスルの主な役割は、姿勢・骨盤を支える筋肉です。出産を期にインナーマッスルは急激に低下します。
このお客様は、スポーツ暦があるので、2人目までは筋力低下しても身体に現れていませんでした。

しかし、今回の3人目出産の際は筋力低下による影響が出てしまいました。

インナーマッスルが低下している人の特徴として、
◯残り2体重が落ちない
◯ぽっこりお腹が気になる
◯足がつる・浮腫む

など、身体にいくつかの影響が出てしまいます。

また、インナーマッスルが低下してしまうと内臓脂肪が増え、身体が冷えて代謝が悪くなり、脂肪が蓄積しやすいお体を作ってしまいます。

 

霧島市 整体

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA