背骨の歪みは産後の不調に大きく影響している?【霧島市 産後骨盤矯正 はやと骨盤整体院】

霧島市 産後骨盤矯正

鹿児島県霧島市に8月23日にオープンする”はやと骨盤整体院”の健康情報サイトです。産後骨盤矯正、腰痛、椎間板ヘルニア、坐骨神経痛の治療に特化した整体院です。整形外科や病院、整骨院に通っても改善しなかった腰の痛み、これから産後骨盤矯正を受ける予定がある方へ、自宅でできるケアをシェアをしていきます。

背骨のしくみについて

どうして私たち人間は立っていることや歩くことが可能なんでしょうか?

どうして骨盤に歪みが生じると、全身に影響が及ぼすのでしょうか?

肩こり、腰痛、恥骨痛、むくみ、O脚、尿もれなどのマタニティートラブル、様々な悩みを解消するためには、まずは「自分自身の身体を理解する」ことが大切です。

そうすれば、身体にとって大切なことがわかるはずです!

どうして人間は直立2足歩行ができるのか?

 

人間の背骨は24個の椎体からなっています。上から頚椎、胸椎、腰椎、骨盤と連なっています。

椎骨と椎間板が積み木のように重なり、横から見るとS字のカーブを描いています。

また、椎間板ヘルニアを発症してしまう原因はこの椎骨と椎間板の間隔が筋力低下や歪みが原因で狭くなってしまうことからなってしまいます。

S字のカーブがある事によって歩いたり、走ったりする衝撃や体重の負担を和らげ、バランスよく歩くことが可能です。

また、理想的なS字があることにより姿勢も美しくなったり、痩せやすい身体になります!

S字のカーブはどうやって形成されるの?

答えは、

赤ちゃんの時です!

霧島市 産後骨盤矯正

お腹にいる赤ちゃんは、C字に丸まっています。生まれてからもこの状態をキープし、首がすわるころに首が前にカーブし、1歳の頃には腰がカーブをし作られます!

しかし、現代では、、、、

このS字のカーブが失っている方が多いと言われています。

 

霧島市 産後骨盤矯正

それは新生児期の寝かせ方にあります。硬いマットなどに平らな姿勢で寝かせてしまうと、背骨のカーブが引き伸ばされ、浅いS字のカーブのまま成長してしまいます。

そうする事により、背骨が不自然なカーブになるため衝撃や負担を和らげることができずに、筋肉が緊張したり、背骨の歪みを生じてしまい、将来女性だと、妊娠中から産後にかけて腰痛や恥骨の痛み、産後の骨盤の開きなど悪影響を及ぼしてしまいます。

イラストの立ち姿勢のような悪い姿勢になってしまい、下っ腹がぽっこり出たり、見た目の悪い姿勢になってしまいます。

自宅でできるケア

それでは自宅でできる背骨のケアについてお伝えしていきます。

本日紹介するのは「ダルマさんゴロゴロ体操」です!

やり方は簡単です。

霧島市 産後骨盤矯正

太ももをタオルなどで持って上下にゴロゴロします。
この刺激により背骨や骨盤が元の正しい位置に戻ろうとします。

また、子宮や腸を元の位置に引き上げてくれるのでぽっこりお腹の改善にもなります!

1日30秒ほどでも効果は出るので継続してやってみてください。

慣れてきたら、タオルや壁を使わずやってみましょう!

霧島市 産後骨盤矯正

また、以前の記事で、産後の骨盤ケア三原則 でも自宅でできるケアをご紹介してますのでこちらもご覧になってください。

【重要】お知らせ!

8月23日〜9月1日の期間 プレオープンを開催します。

営業時間 9:00〜18:00(最終日は15:00まで)

特別価格で1980円です。
*先着100名ですのでご予約はお早めにお取りください!

はやと骨盤整体院
TEL 0995-43-5887

霧島市 整体 霧島市 整体

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA