《妊娠、産後ママ必見!》産後の骨盤ケアの三原則【霧島市 産後骨盤矯正 はやと骨盤整体院】

霧島市 産後骨盤矯正

鹿児島県霧島市に8月下旬にオープンする”はやと骨盤整体院”の情報サイトです。産後骨盤矯正や腰痛、椎間板ヘルニア、坐骨神経痛の治療に特化した整体院です。腰痛で整形外科や整骨院に通院しても改善されなかった方、これから産後骨盤矯正を受ける方へ、自宅でできるケアなどお伝えしていきます。

本日は産後骨盤ケアで1番大事になってくる部分をお伝えしていきます。

キーワードは、「妊娠・出産・育児の負担を軽くする体作り」です!

骨盤ケアの三原則①上げる

 

下がった子宮や内臓などを上げる!

妊娠初期より骨盤が開きだします。骨盤が開きだし始めると子宮や内臓の位置が下がってきてしまいます。
下がってくることによりお腹が前に出てしまい腰痛の原因や、お腹周りの血流が悪くなってしまい冷えや新陳代謝低下、便秘など様々な悩みを引き起こしてしまいます。

様々な悩みを引き起こさない為にも「上げる」ことが大切です!

それでは説明していきます。

霧島市 産後骨盤矯正


この状態を「骨盤高位(こつばんこうい)」と呼びます。

霧島市 産後骨盤矯正

自分の力で骨盤が持ち上がらなければ、お尻の下に座布団やタオルを敷くと、楽に上がります。
*妊婦さんの場合はあまり無視をしないようにしてください!

 

 

また、子宮や内臓を上げることにより、図を見てわかるように逆子の改善、予防にもなります。

産後ケアの三原則②ととのえる

 

歪んだ骨盤や筋肉をととのえる

霧島市 産後骨盤矯正

お腹が大きくなり、骨格や筋肉に大きな負担がかかる為、普段使わない筋肉や姿勢をとってしまい身体全体が歪んでしまいます。

そのまま放置してしまうと、肩こりや骨盤が開きやすい姿勢になってしまいますので必ずケアをしましょう!

体操をお伝えしていきます。

「四種混合体操」

霧島市 産後骨盤矯正

全身をゆっくり動かすことにより、骨盤が正常な形に整い骨盤周りの筋肉の負担を減らしてくれます。

◯ポイント◯
朝、夜の1日2回は頑張りましょう!30秒以上はしてください!
夜寝る前に行い、1日の歪みを整え心地よく就寝してください!

産後ケアの三原則③ささえる

 

ゆるんだ骨盤を心地よい位置と強さでささえる

①あげる 状態を維持する為にトコちゃんベルトや骨盤ベルトを使って骨盤を支えます。

ささえることにより、骨盤が安定し腰痛予防や骨盤が開くのを予防してくれます。

ここで重要なのは、骨盤をささえる位置強さです!

霧島市 産後骨盤矯正

骨盤の1番上のでっぱり(おへそと同じ高さ)とその場所からそのまま下に降りていき外側に出ている骨の間にベルトをします!
赤いラインにベルトを合わせつけてください!

強さは、強くしなくていいです。少し圧迫するぐらいがベストです!

 

この三原則をすることにより産後の腰の痛みや腱鞘炎、肩こりなどを予防することができます!

産後太りになりたくなければこのエクササイズ2つと骨盤ベルトを必ずしてください。

 

産後、産後のホームケアや妊娠中から出産の骨盤の働きや変化の資料が欲しい方はメールもしくはLINEにてご連絡ください。

霧島市 整体 霧島市 整体

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA