産後骨盤矯正ってどれくらい通わないといけないの⁉️【霧島市 産後骨盤矯正 はやと骨盤整体院】

鹿児島県霧島市にある「はやと骨盤整体院」の健康情報ブログです!
産後骨盤矯正や交通事故治療、腰痛、ヘルニアなどに特化した整体院です。
霧島市・姶良市でお身体の不調でお困りの方は、当院のブログを参考にしてみてください!

産後骨盤矯正の通院期間について

霧島市 整体

産後骨盤矯正を受ける通院期間は、お客様のご年齢やお身体の痛み、自然分娩、帝王切開など条件によってバラバラです。

しかし、これだけは言えます。

1、2回の治療で産後に開いた骨盤は元には戻りません!

霧島市 整体

当院に来られるお客様の中でも、「1人目は忙しくて1回しか骨盤ケアをしなかった。」「整骨院の先生が1回で大丈夫と言われた。」など、間違った知識を持たれている方がいらっしゃいます。

その人にあった回数と期間を受けることにより、腰の痛みや体型のお悩みを解決することができます!

では、当院に来られるお客様の症状年齢をいくつか例にあげて紹介して行きます。

20代前半 腰痛が少しあり骨盤の開きが気になる

実際に当院にきたお客様です。

週1回ペース、2ヶ月コース、計8回

このような症状の方は、基本的に骨盤の開きも少々で姿勢の歪み(骨盤の前傾)があり腰に負担がかかり痛みを感じるケースがございます。

症状としては、軽度ですのでこのくらいのペースでしっかりと骨盤が閉じて来ます!

自宅では、骨盤ベルトをしっかり装着して、ストレッチやトレーニング指導も行います。

20代半ば〜後半 腰痛があり体重、体型ともに痩せたい

週2回ペース 2〜3ヶ月コース 計16〜24回

20代後半になると、体重がなかなか落ちないや体型が戻らない、ズボンが入らないなど体型の悩みが多いです。

また、お客様によっては2人目の出産の影響で、頻尿や尿もれがあったり、痔や脱肛を起こしてしまうかたもいらっしゃいます。

安心してください!痔、脱肛は珍しいことではなく、骨盤底筋群が弱っていると起こってしまいます!

当院のお客様でも中にはいらっしゃいます。

症状の緩和が早くみられる方に関しては、ペースを落としたりしております!

30代 腰痛、体重、体型ともに痩せたい

週2回ペース 2〜3ヶ月コース 計16〜24回

こちらも、20代後半の方と同様に週2回は必要になります。

また、30代の産後骨盤矯正を受ける方の特徴は、

「1人目しっかり骨盤ケアができなかった」

「1人目、2人目は簡単に体重落ちたけど3人目はなかなか体重が落ちない」

など、体の痛みも強いですが体型のがなかなか落ちない方が多くいらっしゃいます。

当院は、そういった方達の為に「産後骨盤ケアダイエットプログラム」もご用意しております!

なぜ期間を設けないといけないのか?

霧島市 椎間板ヘルニア

お客様から「1回の治療で骨盤って閉まらないの?」って質問を受けます。

答えは、閉まりません。

骨盤緩み(開きは)妊娠初期から少しづつ時間をかけて出産の準備を行います!

骨盤の開きを起こしている原因は、「女性ホルモン リラキシン」です。

女性ホルモン リラキシンは、産後6ヶ月ほどまでで続けています。

その為、産後3ヶ月間はしっかりと骨盤ベルトを付けて生活するのをおすすめします!

また出産時に骨格や姿勢を支えている「インナーマッスル」が産後1番低下します。

当院は、産後で低下したインナーマッスルも鍛えて行くメニューとなっております。

筋肉は、1回のトレーニングでムキムキになりませんよね?

骨盤の開きやインナーマッスルも期間を設けて施術を受ける必要があります!

 

霧島市 整体 霧島市 整体

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA